おいしさの秘密

こだわりのたまご「SAGAMIKKO」

MARUKOのバウムは黄色です。これはたまごの黄味の色なのです。相模原の豊かな自然の中のびのびと平飼いで育てられた鶏が産んだ有精卵「SAGAMIKKO」、これがMARUKOバウムの味の決め手です。甘みのある黄味・濃厚な卵白、それを引き立てるために考えたMARUKOオリジナルの配合。
熟成したバウムにももちろん、作りたてをその日のうちに味わうことで、そのふっくらとした豊かな味わいをより強く感じていただけることでしょう!

「SAGAMIKKO」ホームページへ

幻のバター「カルピス(株)特選バター」

できたての味の主役がたまごならば、一日寝かせたしっとりしたバウムクーヘンの主役はバターでしょう。MARUKOではこの第2の主役にカルピス(株)特選バターを選びました。ご存知の「カルピス」を創る工程でできる脂肪分から製造されるバターですが、カルピス30数本から450gのバターしかつくれないため、「幻のバター」とよばれているそうです。たまごの黄色とは対照的に、白いバター。口溶けのよさなめらかさがバウムの「しっとり」を支えています!
「まるバタ」には「まるたま」の約2.4倍のバターを使用。カルピス(株)特選バターを存分にお楽しみいただけます。


フランス製「VALRHNA guaraja」

高級チョコレートと言われるヴァローナ社のチョコレートの中でも、最高級と言われているのが、このグアナラです。カカオ分が実に70%。口に入れると、南米原産のカカオ豆がもつ豊かなはっきりした風味、長く口の中に残る酸味、強く立ち上がるアロマを楽しめます。
パティシエがあこがれる贅沢チョコレート。ツヤ・のび・見た目の美しさも言わずもがな、その「濃厚」さはチョコレート好きを必ずやうならせます。