おいしさの秘密

おいしく食べるための適温 18℃~24℃

寒い日や冷蔵庫から出したばかりのときは、生地が硬くなりパサついた食感になります。
熱い日や電子レンジであたためすぎると、フォンダン(バウムクーヘンのまわりの砂糖衣)が溶けて、
しゃりしゃりした食感が楽しめなくなります。
バウムクーヘンはとてもデリケートなものなのです。
そこで…

おいしさのコツ その1 保存は冷蔵庫で

常温保存でも大丈夫なバウムクーヘンですが、暑すぎるのは苦手。まるチョコはチョコレートの味を損なわないためにも、冷蔵保存がおすすめです。
18°~24°がベスト温度なのですが、実は「冷やしまるチョコ」もおいしいです。

おいしさのコツ その2 冷蔵庫から出して30分〜1時間後が食べ頃です。

冷蔵庫から出したばかりのときは、生地が硬くなりパサついた食感になります。
30分も待てない!という方は電子レンジを活用します。

おいしさのコツ その3 寒い日は電子レンジで!でも温めすぎないのが秘訣。

電子レンジで温める目安は約10秒。脱酸素剤と金台紙を抜くのを忘れずに。
食べる分だけ温めたらすぐにいただきます。
レンジで温めた物が冷めると、温める前より硬くなってしまうので注意してくださいね。


「焼きたま」をその日のうちに食べられなかった時は…

紙袋に入った「焼きたま」はとても乾燥しやすいのです。
そこで、「今日食べられそうにないな」と思ったらすぐ、ビニール袋に入れます。
注意しなければならないのは、すごい強運!でまだ温かさの残る焼きたまを入手できたとき、です。
これは一度熱を冷まさねばなりません。
充分冷めた焼きたまを、(できればチャックつきの)ビニール袋で密閉します。そして冷蔵庫へ。
食べる直前にビニール袋から出して紙袋のまま10秒ほど電子レンジで温めます。
レンジで温めた物が冷めると、温める前より硬くなってしまうので注意してくださいね。

※あくまで「焼きたま」の賞味期限は当日中です。上記方法は応急処置的なものとお考え下さい。